犬だけじゃない!猫もなるよ!分離不安症。症状と我が家で立てた作戦&対策。【うい絵日記(16)】

めで子
ご機嫌よう。めで子です。

我が家のめで夫は3度のメシより猫が好き。

特に愛猫ういちゃんのことは、どんぶりご飯でおかわりできるほど愛しているのですが(なんのこっちゃ)

ういちゃんもめで夫が大好き。今回はそんな2人の話です。

最初に

ういちゃんはめで夫が好き。大好き。

生後2カ月程で我が家にお迎え下したからでしょうか。

なんとなくお母さんとして、認識しているようにも見えます。

もちろんめで夫もういちゃんのことが大好き。

最近はういちゃんも大人になったからか、甘えてくることが少なくなり、とても寂しそう。

しかし、過去には困った事もあったのです。

今回は「猫の分離不安症について」です。

めで子
なぜご飯係の私よりあなたに懐くの?
めで夫
なぜかしらね?全く、迷惑なんですよねぇ。

ま、めで子さんのことも、わたくしのういちゃんは嫌いではなさそうですけど?

ねえ?うーいちゅああああ~ん~。

うい
大好き~ちゅっ。

ういちゃんをもっと知りたい方はこちら

マンガ ういちゃんとめで夫 愛の日々

マンガだけ読みたい人はこちら


分離不安症

分離不安症ってなに?

読んで字のごとく、飼い主から離れたときに不安を感じること、です。

めで子
家にういちゃんをお迎えして2週間、生後2ヶ月頃かな。

ういちゃんはめで夫が見えなくなると鳴いて探すようになりました。

症状

めで夫
ういちゃんに実際に出た症状です。
  • めで夫の姿が見えないと、うろうろと落ち着きがない。
  • トイレ前で待機して鳴く。
  • お風呂について行く。
  • 外出時、帰宅時激しく鳴く。
めで夫
他にも粗相をしてしまったり、イタズラをしてしまう猫もいるとか。
うい
んにゃああああ~~~ん。
めで夫
お風呂はしばらく一緒に入っていたわね。

家の中で1人になれなくて、私もしばらく落ち着かなかったわ。

原因

めで子
なになに?心の病気で、甘やかしや過保護が原因・・・。

間違いなくこれですな。

猫らしい自立心を持たせましょう、ですって。

めで夫
うむ。どうやら構い過ぎていたようね。

だって可愛いんですもの。ねぇういちゅわ~ん。

注意

他の病気が原因の場合も。

気になるときは早めに動物病院で見てもらおう。

我が家の元野良猫ういちゃんが罹った病気と実際に掛かった病院代1年分まとめ。【うい絵日記(8)】

2018年4月10日

対策

めで夫
しかし、いくら可愛くても、このままでは落ち着いてうんこもできない。

私が立てた作戦はこちらよ。

作戦
  • 外出、帰宅はこっそりと。
  • 帰ってきても15分は、撫でたり、構ったりしない。
  • トイレは鳴いてるときには出ない。
  • 鳴いているときに声はかけない。構わない。
  • こちらのタイミングでしっかり遊ぶ時間を作る。
  • 外出時は部屋着を布団に置いて行く。
めで子
今も声は掛けないで、さっと気づかれないように出て行ってるよね。
めで夫
うむ。荷物は出来るだけまとめて玄関に置いておき、時間がかからないようにしています。
めで子
しばらく本当に落ち着いてトイレに入れなかったよね。

しかも鳴いちゃうからなかなか出れないし。

めで夫
すぐおさまりましたけど、トイレ前で寂しげに鳴かれるのは本当に辛かったわ。
めで子
帰ってきてもすぐ構わないも継続中だね。
めで夫
こちらも辛いわ・・・。スリスリされたらナデナデしたくなるでしょー。

でも可愛いういちゃんのためですからね。

ポイント
鳴いている時に構うと、

  • 鳴く→構う→要求が通る

と認識して、鳴くようになってしまいます。

鳴いている時はかまわないようにして、落ち着くのを待ちましょう。

現在

めで夫
すっかり落ち着いて、不安げな様子を見せることはなくなりました。

大体1ヶ月ぐらいで大分落ち着いたかな。

あと、外出するけど、ちゃんと毎日帰ってくるっていうのがわかったのかしらね。

めで子
お風呂とトイレはしばらくストーキングされてたけど、鳴くのはわりとすぐに収まったよ。
めで夫
あと出かける時に、着ていた服など置いておくと落ち着くみたいね。
めで子
こちらはめで夫の部屋着で安心するういちゃんです。

めで夫の短パンとういちゃんギャラリー

めで子
短パンとういちゃんという写真フォルダーが私のPCにあるのよ。
めで夫
ういちゃんったらういやつなんですから~。

最後に

分離不安症は特に早くから母猫から離れた子猫がなりやすいそうです。

お互いのために、「飼い主は外出するけど戻ってくる。」としっかり覚えてもらって、自立した不安のない生活を送れると良いですよね。

うい
その他の関連記事もみてにゃん。