ドラえもんのび太の日本誕生を新旧供に3歳児と鑑賞・映画デビュー

3歳ちょうどの息子めで太郎に、初めての映画として「映画ドラえもん のび太の日本誕生」を見せてみました。

結果として息子はドラえもんにドはまりし、「どあえもん、見る!」とテレビをつけるたびにねだるようになりました。

めで子
御機嫌よう。めで子です。

3歳児に映画ドラえもんを見せたら、反応がかなり面白かった!

そして大人も、とても楽しかったんです。

そこで今回は、「映画ドラえもん のび太の日本誕生」を見たアラサー母の感想、3歳息子にドラえもんを見せた感想、反応について書き出していきたいと思います。

映画の感想がメインではありますが、3歳児へのおすすめポイントについても書いているので、ぜひお付き合い下さい。

めで子
ネタバレはほぼなしですが、かなり熱く感想を綴っております!

その他のおすすめのドラえもん映画については、こちらの記事をご覧下さい

のび太の日本誕生を初めての映画にチョイスした理由

1番の理由は、私も子供の頃大好きで、良く見たドラえもん映画の中の一つだったからです。

新と見比べるつもりで、最初は旧作から見ることにしました。

めで子
ストーリーもほとんど覚えていたから、これなら3歳児でも楽しめるのでは?と思い決めました。

結果大正解だったと思います。

わかりやすい勧善懲悪ストーリーとワクワクの秘密道具

ものすごくかいつまんだストーリー解説

クラヤミ族の悪の親玉ギガゾンビと、7万年前の日本で、お馴染みドラえもん一行が戦う、というストーリーになっています。

めで子
見た目的にも、クラヤミ族=悪い奴って感じで、すこくわかりやすいんです。

アンパンマンをこよなく愛す、我が家の3歳息子にピッタリ。

序盤の秘密道具がどんどん出る場面は、ワクワクした記憶

この映画で1番有名な、大根を割ったらカツどんが出てくる秘密道具は、子供の頃見ていいな~と思った方も多いのではないでしょうか?

めで子
ドラえもんの楽しさ、秘密道具のワクワク感が、いっぱいつまった映画なんですよ~。

ペットとのハートウォーミング的シーンもあり

めで子
見ているだけで楽しい動物たちが出てくるので、きっと食いつくと思いました。

けど感動シーンを理解するのは、まだ難しいかな。

ハラハラ、ドキドキは映画の醍醐味!小さい頃はちょっと怖かった

最大の敵ギガゾンビも怖かったんですけど、土偶の奇声や能力が、映画の中の不穏な空気感と合わさって、すごく怖かった思い出です。

めで子
でもその怖さも、映画の大事なスパイスですよね?

ワクワクそしてハラハラするからこそ、映画は面白いんですよ!

3歳息子にのび太の日本誕生を見せた感想と反応

ドラえもんアニメは1歳半頃に1度チャレンジ

しかし、当時はあまり興味を持てなかったようで、

パンパン~アンパンパン~。(アンパンマンが見たいんだ~)。

と泣かれてしまいました。

映画ドラえもんは3歳児の心をつかめるか

めで子
我が家の3歳児は、ガッチリ心をわしづかみ☆されました。

キャラクターが個性的だから、すぐ覚えられる

映画を見始めてすぐに、

3歳・めで太朗
どあえもん、ジャイヤン、のーた君!

とキャラクターの名前を口に出していました。

めで子
特にこの3人が好きみたいでした。

ドラえもんのことは「タヌキ?」と聞く3歳児

めで子
「タヌキじゃなーい!猫型ロボット!」

そんなドラえもんの声が、響いてきそうな出来事でした。

日常と非日常が交じり合っているから、気になる

3歳にもなると、いつも見ている日常的な物は、なんとなく理解していますよね。

映画を見ていると、3歳児が自分でも理解できる日常的な物と、理解できない非日常が交じるようで、目が釘付けになっていました。

ストーリーを理解しているかは不明

めで子
悪者と戦っている、ということはなんとなく理解しているかな?

ドラえもんが秘密道具を出すシーン、ペットと触れ合うシーンなどは、とても楽しそうに見ていました。

のび太君やドラえもんになりきり

セリフを繰り返して、まるで映画の登場人物になりきっているようでした。

思った通り、土偶とギガゾンビには怯えた表情を見せていました。

めで子
ドラえもん、のび太君と一緒に、ワクワク、ドキドキしているのがわかって、母はなんだかセンチメンタルな気分に。

言葉の理解に映画は効果的だと思う

画面の絵に集中しつつ、登場人物のセリフを真似してくれるので、楽しみながら言葉の練習ができます。

日常会話とはまた違った刺激になりそうです。

めで子
ギガゾンビになりきって、「フォフォフォ・・・」と笑い出したときは、こちらも笑っちゃいましたよ。

我が家のめで太郎は、発達が遅く、特に言葉の遅れが目立つ子供なので、こんなに真剣に見れるとは思っておらず、嬉しい誤算でした。

言葉の遅れと発達検査については、こちらの記事をお読み下さい

落ち着きがない・言葉が遅い我が子の発達相談のきっかけと発達検査の話

大人になってのび太の日本誕生を改めて鑑賞したアラサー母の感想

幼稚園~小学生まで良く見ていたドラえもん映画は、とても懐かしく、そして大人の目で見ても楽しい映画でした。

お約束の展開に安心、だけど大人もワクワク

序盤の7万年前の日本へ向かうまでのやり取りは、本当にお約束の展開です。

めで子
でもお約束って、私もそうですが、皆わりと好きなんですよね。

だからこそ、アンパンマンや水戸黄門も人気なわけで。

そして7万年前の日本に着いてからは、秘密道具のオンパレード。

荒唐無稽ともいえる秘密道具の作りやセンスは、大人の目から見てもワクワク、そして子供の頃とは違った意味でも面白いです。

めで子
子供の頃は、まったく違和感を感じなかったのが不思議。

ストーリー展開は読めるけど、緩急のつけ方が上手い

全くの初見でも、大人になると子供向け映画は、ストーリーの展開が読めて、飽きてきたりしますよね。

しかしドラえもん映画は、話にしっかり緩急が付いており、子供はおろか大人も飽きにくいと思います。

上手にストーリーに組み込まれていて、大人も飽きない

  • いつものお約束のドラえもんストーリー
  • いつもの、ドラえもん、のび太、ジャイアン、スネ夫、しずかちゃんのメンバー
  • 映画版のスペシャルな秘密道具
  • 映画のスペシャルゲスト・キャラクター

それに加えてのび太の日本誕生は、日本古代の歴史と少しのホラー感が、ブレンドされている感じの作品になっています。

めで子
その少し不気味な感じが、物語を上手く盛り上げてくれるんですよねぇ。

作画も乱れず、さすがドラえもん!国民的アニメの映画版

めで子
1989年のアニメだとは思えない、クオリティーの高さ。

多少古臭くは感じますが、ちゃんと世界観にひきこまれます。

とはいえつっこみ所も満載

悪の親玉である、ギガゾンビの最後は、かなりあっけないものでした。

めで子
実はギガゾンビの倒し方だけ、覚えてなかったんですよね。

それもそのはず、って感じのラストでした。

ラストの展開は、時間足りなかったの?と思うほど急テンポで進み、大人なら色々突っ込みたくなることまちがいなしの連続でした。

めで子
ドラえもんを見慣れていない限り、最後の方は3歳児には良くわからないと思います。

お馴染みの展開ではありますが、ちょっと物足りないんだよなぁ・・・。

映画ドラえもん新・のび太の日本誕生もすごくおすすめです

旧作映画がドンピシャな世代なので、新作には抵抗があったのですが、食わず嫌いも良くないと思い、試してみることにしました。

新、旧で見れるところも、ドラえもん映画の醍醐味ですよね。

めで子
そう思ったから、初のわさびさんのドラえもんにチャレンジ!

画像が驚くほど綺麗に

1989年のものと比べると、その違いはあきらかです。

旧作と新作を見比べたい!という方は、旧作を先に見ることをおすすめします。

めで子
今時のアニメってすごいんですねぇ。

ドラえもん映画らしさ・個性は減った

旧作ドラえもん映画を見ていた頃は、色々なアニメが好きで、良く見ていました。

そしてドラえもん映画って、その中でも個性あふれるアニメーションだった気がするのですが、新作は「今時の綺麗なアニメ」感が強く、個性は減ったように感じます。

めで子
最近のアニメを見てないから?

大人になったから?

画面が綺麗なので、世界観に入り込みやすい

3歳息子は、画像の綺麗な、こちらの方が集中して見ていた様に見えました。

物語のつなぎが丁寧でまとまりがある

しっかりテーマを感じるつくり

ただのリメイクではなく、しっかりテーマに沿って、物語が進んでいくのを感じます。

めで子
やりとりが細かく、意味があってのセリフなんだな、と感じるところが多かったです。

しかしその分なのか、時間以上に長く感じた

旧作と4分しか時間は変わらないのですが、新作の方がより長く感じました。

感動のラストにまさかの涙

旧作ではインパクトなく倒されたギガゾンビでしたが、新作は子供も大人も納得いく終わりだと思います。

そしてラストできっちり、泣かせにかかってきます。

めで子
泣かされた感があって、ちょっと悔しい~。

旧作では泣いたことなかったから、甘くみてましたよ!

想像する楽しさ・ホラー感はなくなってしまった

少し雑な旧作の方が、想像力をかきたてられる

少し唐突だったり、矛盾があったりするからこそ、想像して補完したり、考えたりするんじゃないかなと思います。

めで子
思い出補正も、あるかもしれませんね。

小さい子には、新作の方がわかりやすいと思います。

ホラー感が減って、教育的な感じが増えた

ワクワク、ドキドキそしてハラハラ感は、間違いなく旧作のほうに分配が上がります。

めで子
3歳の怖がりな子でも、安心して見ることができると思います。

でもちょっとガッカリ。

3歳児には、新、旧どちらがいいか?3歳息子は新が好き

旧作は、3歳には少しわかりづらいのかも

テンポ良く、どんどん進んでいく旧作は、まだ3歳の子供には難しいのかもしれません。

新作はドラえもんも、のび太もオーバーリアクション

大人は旧作を見慣れていると、少し違和感を感じるのですが、3歳の息子にとってはキャラクターの感情がわかりやすく伝わりやすいようでした。

ユーチューブも、子供向けはわざとらしいくらい、オーバーリアクションですよね。

めで子
感情を、オーバーにわかりやすく表現するんですよね。

確かに小さい子には理解しやすいから、人気がでるんだろうなぁ。

言葉で理解ができなくても、画像で伝わる

キャラクターの感情だけではなく、物語も画像で伝わりやすくなっていると思います。

めで子
想像の余地が残っていないのは、少し残念な気もするんですけどね。

思い出補正とは言わせない!やっぱり母は旧作が好き

新作はすごく良く出来ているし、旧作の最後の物足りない部分も、しっかり作りこまれているのですが、ドキドキ、ワクワクが足りないように感じます。

めで子
少し危険で、最高に楽しい冒険感は、思い出補正だけではないはず!

それぞれに良さがある良い映画だから、ぜひ新、旧見比べて欲しい

めで子
私のように、新作を食わず嫌いしていた方も、ぜひ見て欲しいです!

雨の日は映画鑑賞デーに決まり!親子で一緒に堪能しよう

お家で映画館ごっこも楽しい

めで子
お菓子とジュースを用意して、電気を消して特別感を出すと、ものすごく子供が喜びます。

そして親も思った以上に楽しいので、ぜひ映画館に行ったつもりで、一緒に映画を楽しむことをおすすめします。

プライム会員なら無料で、思い立ったらすぐ見れる

我が家はアマゾンプライム会員なので、上記のドラえもん映画は特に手続きは必要なく、無料ですぐに視聴することができました。

子供がいると買い物が大変だから、アマゾンプライムは子育ての強い味方ですよね。

めで子
すでにプライム会員の方も多いのでは?

プライムビデオは今まで見たことなかったけど、プライム会員なら見ないと損ですね!

言葉の勉強も兼ねて、一緒にドラえもん映画を楽しみつくす予定

普段はアニメって、時間が欲しいときに「ちょっと見てて~。」って感じで、つい見せちゃうことが多かったんですが、一緒に見ると子供もすごく楽しそうにしてくれました。

めで子
今後も親子で一緒に、ドラえもん映画を楽しみたいと思います!

その他のおすすめのドラえもん映画については、こちらの記事をご覧下さい

言葉の遅れと発達検査については、こちらの記事をお読み下さい

落ち着きがない・言葉が遅い我が子の発達相談のきっかけと発達検査の話

落ち着きがない・言葉が遅い我が子の発達相談のきっかけと発達検査の話