お出かけ用マグなら、もれないサーモス一択!ストレスフリーの最強マグ

サーモス真空断熱ベビーマグとサーモスまほうびんのベビーマグは外出用におすすめです

ある日のこと、私はとてもイライラしていました。

可愛くてお気に入りの、お出かけ用マグがもれて、カバンの中が濡れてしまっていたからです。

めで子
御機嫌よう。めで子です。

ベビーマグってお出かけ用で、もれにくいって書いてあっても、もれてくるんです!

もれにくい=少しはもれるよ。そんで振り回すと、少しはこぼれるよ。

そう思っておいたほうが、良いと思います。

しかし多少でもカバンの中でもれてしまうなら、ジップロックに入れたり、ポーチに入れる必要がありますよね?

そしてそれが、小さなことだけど、手間だし面倒!

そしてもれるのはすごくストレス!!!

そこで今回は、「絶対にもれない・こぼれないお出かけ用マグ」をお探しの方に、愛用中のサーモスベビーマグをご紹介。

「カバンにそのまま、ポイっと入れちゃいたい」

「ベビーマグポーチなんてしゃらくせぇ!」

「子供がブンブン振り回しても、こぼれないマグってない?」

という方に自信をもっておすすめできます!

サーモスのベビーマグはどれがおすすめ?

サーモスのベビーマグの中で1番おすすめなのは、「真空断熱ベビーストローマグ」です。

ハンドル付きの物や、保冷機能のないもの等、いくつか種類がありますが、こちらが1番おすすめです。

おすすめポイント

サーモスのベビーマグの中で唯一、ストローから直飲みに変更できる

1歳を過ぎるまでは、多少使いづらく感じることもあるかもしれませんが、このマグが1番ムダが少なくてすむかなと思います。

真空断熱ベビーストローマグは、もれない・直飲みにもできる・逆流しにくい

とにかく機能性の高い、ベビーマグだと思います。

実際に上の子が2年以上使用して、気がついたことを、書き出していきますね。

サーモスならでは!ステンレス魔法瓶構造で結露もなし

ステンレス魔法瓶構造で、しっかり冷たさをキープし、そして結露しないようになっています。

保冷効果がしっかりしているので、飲み物が傷みづらく、衛生面でも安心できます。

そしてもれないから、かばんの中がぬれません!

サーモスのマグをおすすめする、最大の理由です。

本当にぜんぜんもれないんですよ!!!

もれるマグにイライラしている方に、ぜひ私と同じ感動を味わってもらいたい!

めで子
結露もしないので、ポイっとかばんに入れても、カラッカラの状態ですよ。

真横にしたって問題なし!ブラボー!

ストローも工夫されていて、逆流が少ない

こちらのマグは他のベビーマグと比べて、逆流が少なく感じます。

ストローの構造に工夫がされているようです。

普通のストローを使って飲ませた後のコップの底って、とんでもないことになってませんか?

「わが子は愛しているけど、あれは飲めない・・・!」と感じるほど、食べかすが溜まってたりしますよね。

めで子
衛生面でも安心。

洗っているときに底を見ても、キレイでびっくりしました!

蓋部分は大きく開いて、パチっと止まる

蓋の部分が大きく開くようになっていて、しかもしっかり止まります。

サーモス 真空断熱ベビーマグは蓋が大きく開いて使いやすい

使い勝手がとても良いです。

「トレーニング用せんユニット」がまた優秀

別売部品の「トレーニング用せんユニット」につけかえればトレーニングマグとして使えます。

サーモス 真空断熱ベビーマグは、トレーニングせんユニットに交換することで、トレーニングマグとしても使える
めで子
ストロー飲みを卒業した後も、直飲みパーツに交換することで、マグ本体を長く使用することができます。

滑りにくく、つかみやすい

小さな手でも持ちやすい、かわいい動物柄のシリコングリップがついています。

サーモス 真空断熱ベビーマグのシリコングリップ
めで子
さりげないけど、とても可愛い。

私も息子も、すごく気に入っています。

サイズは気持ち少なめに感じることも

容量は最大で、容量/290mL。真夏には少し足りないので、途中で足すこともあります。

しかし、重さや子供に持たせることを考えると、このぐらいがいいのかな、とも思います。

ストローを3つに分解して、洗わなければならない点が面倒

サーモス 真空断熱ベビーマグの全パーツ

本体と蓋、シリコンのグリップの他にパッキンとストローの部品×3でパーツが多めです。

サーモス 真空断熱ベビーマグはストローを3つに分解できる

特にストローが3つに分かれるのは、洗うとき、面倒に感じるかも。

そして色が染まりやすいです。

めで子
ただこのストローのおかげで、逆流しにくいわけであって…。

めんどくさいけど、機能がしっかりしているので致し方ない。そう思えます。

まほうびんのベビーストローマグは、持ちやすい・こぼれない・洗いやすい

「真空断熱ベビーストローマグ」が、使いにくく感じた方におすすめです。

めで子
上の子使用の「真空断熱ベビーストローマグ」は私の大のお気に入り。

下の子も、同じ物で揃えようと、お祝いのプレゼントのリクエストに、お願いしたのですが・・・。

母・美愛
ごめんね!間違えちゃった!

せっかくなので、「真空断熱ベビーストローマグ」と比較して、使用感をお伝えしたいと思います。

パッキンが秀逸!空気穴までガードして、しかも外しやすい

「真空断熱ベビーマグ」は、今まで使用していた中で、断トツでこぼれないマグでした。

しかし、「まほうびんのベビーストローマグ」もとてもこぼれにくくなっています。

サーモス 真空断熱ベビーマグは、空気穴から多少こぼれるが、ストローからはこぼれにくい

 

まほうびんのベビーストローマグはパッキンが空気穴をカバーしている
めで子
空気穴の分、「まほうびんのベビーストローマグ」がこぼれにくいかな?

ただ構造として、ストローから出ちゃうのはご勘弁下さい。

パッキンにつまみがあって、外しやすいのも高ポイントです。

パーツが少ないから、洗いやすい

まほうびんのベビーストローマグの全パーツ

本体と蓋、持ち手の他に、パッキンとストローの飲み口、そしてストロー。

サーモスまほうびんのストローマグはストローの部品が少なく洗いやすい
めで子
持ち運びOKのベビーマグのなかでは、最小限のパーツです。

「サーモス 真空断熱ベビーマグ」と比べパーツが少なく、こぼれないので、お家用マグとしても、自信を持っておすすめできます。

しかしストローに、逆流を防止する機能はありません。

めで子
まさに一長一短といったところですね。

「まほうびんのベビーストローマグ」も当然のようにもれません

「もれにくいベビーマグ」に失望している人は、ぜひサーモスを使って欲しいです。

めで子
今までのイライラは何だったの!?って思います。

初めて使ったときは、本当に感動しました!

底のシリコンも良い仕事をしてくれる

なんとこの底のシリコン、簡単に取り外しが出来ちゃうんです。

まほうびんのストローベビーマグの底のシリコンは取り外しができる

子供って、コップを持ってテーブルにガンガンぶつけたりしますよね。

めで子
落としたときにも、安心、安全です。

「真空断熱ベビーストローマグ」よりサイズは少し多め

「まほうびんのベビーストローマグ」の容量は最大で、容量/350mL。

サーモス真空断熱ベビーマグとサーモスまほうびんのベビーストローマグを比較

「サーモス 真空断熱ベビーマグ」は容量/290mLですが、見た目にはさほど差がありません。

ハンドルは取り外し可。あるとやっぱり持ちやすそう!

ハンドルのないものと比べると、月齢の低い内はあるほうが、断然持ちやすそうです。

「真空断熱ベビーマグ」も「まほうびんのベビーストローマグ」も、本体の重さには変わりがありません。

しかし両方とも中身を入れると重く感じるので、持ち手はあった方が、子供は飲みやすく感じると思います。

小さいサイズの容量/250mLまほうびんのベビーストローマグもあります

めで子
容量/350mLが大きく感じる方に、おすすめです。

ミッフィーちゃんが可愛い!

ベビーマグに保冷機能は必要?ステンレスのメリットとデメリット

月齢の低い内はあまり必要性を感じないかもしれませんが、将来的なことを考えると、保冷機能はあったほうが便利です。

めで子
最初から保冷機能のあるものを買うことを、おすすめします。

飲み物が傷みにくい!母の感じるメリット

保冷効果がしっかりしていると、飲み物が傷みづらく、真夏の暑い時期でも安心できます。

めで子
暑い公園に持っていく場合、麦茶などは悪くならないか、心配になりますよね。

夏は冷たく、冬は常温で。子供の感じるメリット

夏場の暑い時期は、やっぱり冷たい飲み物の方が、絶対に美味しいですよね。

めで子
夏はこちらのマグで飲ませると、飲みっぷりが違います!

寒い時期に、冷たい飲み物を飲ませたくない、という方にもあると便利です。

プラスチックのマグと比べて感じるデメリット

子供も重く感じるし、荷物の多いママもそう感じる

プラスチックのマグと比べ、中身を入れると、ずっしり重く感じます。

めで子
荷物の多い2児の母にも辛いので、3歳のお兄ちゃんはリュックにいれて、自分で持ち歩いてもらっています。

ハンドルはあった方が断然持ちやすい

1歳頃までは、ハンドルのない「真空断熱ベビーマグ」は、重くて持ちにくいので、使いにくく感じるかもしれません。

サーモスのベビーマグは出産祝いにも◎名入れがおすすめです

実は上の子のベビーマグは、名入れでない物を買い、お名前シールを貼りました。

めで子
名入れは高いな~。と思って迷った末の決断。

でも、名入れにしとけばよかったよー!

あぁ~後悔。

サーモスのベビーマグは名入れがおすすめです

シンプルなデザインなので、名入れがとっても映えるんです。

現在上の子は、3歳を超えても使用中、そしてまだまだ使う予定です。

サーモスのベビーマグは、本当に長く使うことができるので、迷っているのであれば、名入れの物をおすすめします。

9ヶ月から使用が出来るので、出産祝いにもぴったりです。

めで子
自分で買うにはちょっとお高くて、名入れしておくと便利で記念にもなる。

プレゼントに最適だと思います。

サーモスのベビーマグは、いつからいつまで使える?

いつから使える?1歳頃がおすすめです

「真空断熱ベビーマグ」も「まほうびんのベビーストローマグ」も、9ヶ月頃から使用することが出来ます。

しかしプラスチック製の物に比べて、重みがあるので、赤ちゃんが一人で飲み物を飲むのは、少し難しく感じるかもしれません。

初めてのベビーマグにはこちらがおすすめです 

初めてのベビーマグはリッチェル「いきなりストローマグセットR」ストローが優秀な可愛いマグです

個人的にはストローもバッチリ、持つのも上手になった、1歳頃からお出かけ用として使うことをおすすめします。

いつまで使える?現在3年目突入の我が家

上の子は「真空断熱ベビーマグ」を1歳前から使用し、そして3年目に突入しました。

少し不器用なところのある子なので、現在もストローで使用中です。

めで子
「トレーニングせんユニット」も購入済です。

幼稚園で指定がなければ、まだまだ長ーく使用する予定です。

サーモスのベビーマグは、どちらも使いやすい

そして「もれるベビーマグが許せない人」に、絶対の自信を持っておすすめすることが出来ます。

長く使えて、衛生的「真空断熱ベビーマグ」

ストローから直飲みにして、より長く使いたい方におすすめです。

逆流しにくく、しっかり冷やしてくれるので衛生的、そしてもれません。

めで子
外出メインの使用なら、こちらがおすすめ。

洗いやすく、細かいところまで使いやすい「まほうびんのベビーストローマグ」

直飲みにパーツ交換こそできませんが、飲みやすく、こぼれにくい、そして使いやすいベビーマグです。

「真空断熱ベビーマグ」と比べて、ストローの分洗いやすく、そして衛生面では劣ります。

めで子
お家でも使用する可能性があるなら、こちらの方が便利かも。

「真空断熱ベビーマグ」は直飲みマグとしても使えるので、間違いなく長く使えると思います。

けど、「まほうびんのベビーストローマグ」は洗いやすいので、水筒+コップが使えるまで、長く使うのもありなのかな?

もしくは、沢山入る直飲みマグへの切り替えって手もあり?

めで子
使う子によっても、使う環境によってもベストが変わってくるから、ベビー用品って本当に難しい。

実際に両方使ってみて、どちらもとても使いやすいと思うので、赤ちゃんとお好みに合った方を選ばれことをおすすめします。

初めてのベビーマグにはこちらがおすすめです 

初めてのベビーマグはリッチェル「いきなりストローマグセットR」ストローが優秀な可愛いマグです

リッチェルアクリアいきなりストローマグセット

「いきなりストローマグセットR」その日のうちに飲めた!おすすめベビーマグ

うい
その他の関連記事もみてにゃん。

赤ちゃんに猫は危険?新生児の頃から安心安全に同居するために気をつけていること

猫と赤ちゃん仲良しになれる?距離が縮まるまでの1年間の生活と関係。