赤ちゃんに猫は危険?新生児の頃から安心安全に同居するために気をつけていること

きゅっと握ったお手手に柔らかい肌、小さな赤ちゃんと、モフモフでフワフワ、スベスベの肉球の可愛い猫。

どちらも最高に可愛く、見ているだけで幸せになれる存在です。

しかしそんな1人と1匹は、問題なく同居することができるのでしょうか?

「猫は赤ちゃんにとって危険?」

「衛生面は大丈夫?」

「一体何に気をつけたら良いんだろう!?」

一緒に住んでみないと、わからないことが多くて、不安ですよね。

今回は「猫と赤ちゃんが安心、安全に同居するために気をつけたいこと」をテーマに、実際に猫を飼っている我が家で気をつけていることを、まとめてみました。

めで子
御機嫌よう。めで子です。

小さな小さな赤ちゃんと、愛らしいモフモフの猫。

どちらもどんな宝物より、尊く大切な存在です!

めで夫
20カラットのダイアモンド?

2人の輝きに比べたら、道端の石ころね。

赤ちゃんに、猫は危険?寝返りまでのねんねの時期は、心配はなさそう

我が家の飼い猫ういちゃんの場合は、遠くから見守っていた

猫と赤ちゃんを同居させることで、1番怖かったのは、猫が赤ちゃんの上に乗ってしまったり、ひっかいてしまわないかということでした。

めで子
産まれたての赤ちゃんはとても小さくて、フニフニで頼りなかったので心配になったの。
猫は危険?ういちゃん
興味はあるため近寄るも、距離を置いて見守る。

踏んだり、乗っかったり、引っ掻くことは1度もありませんでした。

夫・めで夫
さすが私のういちゃんね。

心優しき猫なのはわかっていましたから、私は心配はしていませんでしたよ!

めで子
赤ちゃんを見たら急に不安になったんだけど・・・。

ういちゃんは私たちのこともしっかり避けて歩くし、段差に飛び乗る時も物を避ける子だものね。

赤ちゃんがはいはいを始め自ら近寄れるようになると、猫の性格によっては危険です

実家の飼い猫ムギとの初対面は、ムギが生後3ヶ月未満の子猫で、めで太朗が生後6ヶ月の時。

めで太朗もハイハイである程度動けたこと、ムギはやんちゃな子猫だったことから、お互い何をするかわからなくて、一発触発の空気に。

注意

猫の性格によって「赤ちゃんに猫が危険かどうか」は大分違う

めで子
実家のムギは、めで太朗に喧嘩を売りにくるし、飛び掛ってくるよ!!!

ひいぃ~。ムギやめてー!めで太朗も追いかけないで!

めで夫
新生児の頃から会わせていたら違ったのかしら?

出逢った時期が悪すぎたわね。

猫は危険?ムギ

赤ちゃんにとって猫が危険かどうかは、猫の性格に因るところが大きい。

めで太朗とムギはお互いがお互いをおもちゃと認識。

全く目が話せない状況に。

ムギ
フッ。

俺に触ると火傷するにゃ。

ムギ飼い主 美愛
ムギは物をなぎ倒して進むタイプです・・・。

めで太朗が実家に来たときは、しっかりムギを見張るからね!

子猫に赤ちゃんは超危険!一緒にしない方が無難です

大人の猫と違ってどんな反応をするのか予想し辛く、力加減をまだ知らない子猫は、飛びかかってきたり噛み付いたりすることも。

注意

子猫に赤ちゃんは危険!!!

そして、赤ちゃんに子猫も危険!!!

めで子
急に興奮したりするから、目が離せないよ
めで夫
赤ちゃん側も、何をしでかすかわからない!

子猫は生後6~8ヶ月ぐらいで大分落ち着くから、それまでの辛抱ね。

ムギ飼い主 美愛
2018年5月で生後1歳2ヶ月のめで太朗と、生後10ヶ月のムギは、問題なく同じ空間で過ごせるようになりました。

産まれたばかりの赤ちゃんには、衛生面で気をつけてあげたい

めで夫
なぁに?わたくしの天使なういちゃんが汚いとでも?

めで子さん、正気なのかしら?

完全室内飼いで、しっかりお手入れできていれば、ほとんど問題はない

お手入れはしっかりしておきたい

  • 完全室内飼いである。
  • ベロベロ舐めてきたりしない。
  • トイレのしつけができている。
  • ダニ、ノミの除去が済んでいる。
  • ブラッシング、爪切りを定期的に行っている。

ブラッシング好きの猫は作れる!猫が催促するようになった対策とコツ

猫の爪切りは1日にして成らず・嫌がる猫への5つのコツと対策

めで夫
ではやはり現在のういちゃんは、何も問題なしね。

野良猫は、菌や病気を必ず持っていると思っておいた方がいい

ノミやダニ、寄生虫などは猫⇔人間の「人獣共通感染症」なので注意が必要です。

治療をすれば問題はないけど、妊娠中や出産直後に野良猫を保護するには、厳重な注意が必要ですね。

めで子
元野良猫ういちゃんは白癬菌、なんと水虫の菌!それと寄生虫持ってましたよ~。

実際に掛かった病院代1年分は6万円!元野良猫をお迎えしたら罹っていた病気

めで夫
あと有名どころは、猫ひっかき病やトキソプラズマ等かしら。
菌や病気の対策
  • 排泄物を触ったら、石鹸で手を洗う。
  • キスや食べ物の口移しなど、過剰な接触はしない。
  • 完全室内飼いにする。
  • 赤ちゃんが飲んだり食べたりする物は、猫は近づけない
めで子
哺乳瓶も、噛まれたり舐められたりしないように、注意が必要です。

飲ませる時以外は、キャップをしておくと良いよ!

抜け毛には、出来る限り気をつけたい

めで子
ただどうしても、モフモフの毛が飛ぶよねぇ。
めで夫
ふむ。コロコロの強化が必要ね。

空気清浄機と加湿器も購入しましたし、抜け毛が出にくいようにしていきましょう。

抜け毛対策

抜け毛はどうしても防げないので、シャンプーやブラッシングを定期的に行い、適度な掃除を行う。

めで子
本当はベビーベッドがほこりも毛も吸い込みにくくて良いけれど、我が家は間取りの関係で断念。
うい
コロコロ~。
めで夫
あぁ~ういちゃん、そこはめで太朗の寝床よ。

もう、本当にキャワワなんですから~。メッ。

出でよ、コロコロ。

赤ちゃんを猫アレルギーにしないために、アレルゲンを少なくしよう

めで夫
これは体質の問題もありますからねぇ。

しかしアレルギーを発症しないよう、以下に注意すると良いと思います。

アレルギーを発祥しない為にできること

  • 赤ちゃんと猫の、メインの活動スペースを分ける。
  • ベビーベッドでほこりや毛を吸い込みにくくする。
  • 掃除を小まめにする。
  • 加湿器や空気清浄機の導入。
  • ブラッシングやシャンプーを定期的に行う。 
アレルギー対策

猫のフケや毛等の、アレルゲンを減らすこと

猫アレルギーをイラスト入りでわかりやすく解説!対策もまとめたよ。

猫のおもちゃも、赤ちゃんのおもちゃも、誤飲には十分に気をつけよう

特に猫のおもちゃは、赤ちゃんが舐め回さないように注意が必要

めで夫
赤ちゃんのおもちゃと猫、猫のおもちゃと赤ちゃん、どっちも食いつき抜群です。
めで子
お互いに気がついたら口の中に!!!なんてことにならないように、しっかり管理が必要ね。
うい
ぺろぺろ~。

猫部屋と赤ちゃんの部屋で分けてしまえば、その他の誤飲も防げます

めで夫
トイレとキャットフード、食器からもしっかり離しておいてね。
誤飲対策

おもちゃは遊び終わったらしまう。

猫がトイレと食事をする場所は、赤ちゃんの活動範囲から離す。

【猫の誤飲まとめ】我が家の猫達が飲みこんでしまった物とその時の対処法

我が家の猫は、赤ちゃんのおむつもおむつボックスも大好き

マンガ オムツボックスの妖精

猫の手が出せないところに、おむつはしまっておこう

めで夫
我が家のういちゃんは、マンガの通りオムツボックスが大好き。

ギュウギュウにオムツを入れても潜り込むから、撤去したところ・・・。

うい
しかたない、袋に入るにゃ。
めで子
オムツは押入れに封印よ!

愛猫も大事な家族の一員、ちゃんと気にかけているよとアピールしました

急な赤ちゃんの出現に、猫のういちゃんも戸惑いを隠せない

めで夫
我が家に急にめで太朗が来たことで、ういちゃんは少し戸惑っている様子でした。
具体的なういちゃんの戸惑いの行動

  • なんとなくソワソワ落ち着かない。
  • 人の足元をウロウロする。
  • 構ってもらいたがる。
  • 赤ちゃんをじっと観察している。

おもちゃで遊ぶ時間を決めて、思う存分構ってあげよう

おもちゃで遊ぶ時間を決めて、しっかり構ってあげることで、それ以外の時間の「構って~!」を減らすことができます。

めで子
その時間になれば遊んでくれる、ということをちゃんと理解してくれます。

猫のストレスが減ることで、粗相やムダ咬みが減ることも。

めで子
めで太朗のお世話があるので、なかなかういちゃんには構ってあげられないけど、時間を決めて1日1回は必ず遊んでいるよ。
めで夫
ういちゃんのジャマにならないように、私たちはその間はお風呂に入っていましょうね。
めで太朗
んごー!
めで子
ういちゃ~ん!キャキャッ。うふふ~。
遊ぶ時間の確保

時間を決めて遊ぶことで、ストレスの発散に。

猫がストレスを感じていないか、しっかり見守ろう

そわそわした様子のういちゃんに心配していましたが、2週間しないうちに赤ちゃんがいても、いつも通りくつろぐようになりました。

めで夫
めで子さんが構えない分、私が意識してスキンシップを多めにとるようにしましたよ。

また分離不安症にならなくて良かったわ。

【猫の分離不安症】トイレまで付いてくるストーキング猫を卒業

猫と赤ちゃんは生活の拠点を分け、お互いが安心できるようにしよう

めで夫
スキンシップを多めに取る事以外に、気をつけたことはこちらです。

猫はテリトリーが確保できれば安心できる

我が家はうい部屋を作って、キャットタワー、猫トイレ、食事スペース、ベッド代わりのキャリーバックを設置。

めで太朗の居る部屋にも、カゴやベッドをめで太朗の手に届きにくいところに置いて、ういちゃんの居場所を作るようにしました。

めで子
自分のテリトリーがしっかり守られることによって、安心するよ。
うい
キャットタワー落ち着くにゃ~。
うい
キャリーバックの中もお気に入りにゃ。

赤ちゃんの活動範囲と猫の活動範囲を分ける

テリトリーの確保

特にトイレ、ご飯、睡眠がジャマされないような空間を作ること。

猫を飼う前に、考えておきたい住環境。安全で落ち着ける部屋を目指そう。

めで夫
でもういちゃんが一緒のお部屋にいないととても寂しいわ。

しかし、ういちゃんの快適な生活には変えられないわね。

猫と赤ちゃん、1人と1匹がいる生活は、最高に可愛い

いくつか気をつけなければいけないことはありますが、猫も赤ちゃんも段々お互いに慣れてきます。

赤ちゃんにも猫にも、安心安全で幸せな日常生活が送れると良いですね。

猫と赤ちゃん仲良しになれる?距離が縮まるまでの1年間の生活と関係。

うい
その他の関連記事も見てにゃん。

ブラッシング好きの猫は作れる!猫が催促するようになった対策とコツ

猫の爪切りは1日にして成らず・嫌がる猫への5つのコツと対策